ビジネス ファッション ライフ

これからアパレルのバイヤーを目指す人へ一番大事なこと

投稿日:2016年5月2日 更新日:

アパレルバイヤー

おしゃれが好きなら、一度は「バイヤー」ってどういった仕事なの?っと興味をもったことありますよね。

筆者はバイヤーに、なりたくて、なりたくて、仕方がなかったです。

今は東京で「なりたかったバイヤー」をやっています。とても幸せなことです。

今回は現実と夢は違います。全然違います。これは良い話ではなく現実をきちんとお届けする記事です。基本的にもしバイヤーになったら、あなたに起こることを中心に書いています。仕事のスキル的なところは別記事にて書いきます。

では、今まさに「バイヤーになりたい」「バイヤーをやってみたい」「春からバイヤーになった」そんなバイヤー初心者の方のためにも大事なことをお伝えしたいと思いました。ぜひ読んでください。

スポンサーリンク

最も大事なことはなりたい気持ちをずっと忘れないこと

単純ですが、これが一番大事です。当然お仕事ですから「業績」がついて回ります。バイヤーに憧れて専門学校に行ったり、洋服屋さんでバイトを始めたりと皆さん色々と試行錯誤していると思います。その時の気持ちはずっと大事になります。

筆者がバイヤーになりたいと思ったのは19歳の時でした。念願かなってバイヤーに、なれたのは僕が31歳の時でした。11年かかっています。

夢は諦めなければ必ず叶います。まずは諦めないでください。あなたのペースでも十分ですから、諦めないでください。とても大事な事です。諦めないこと。

そして年をとれば環境が大きく変わります。結婚して子供ができて仕事と家族との間で様々なことが起きて成長していくと思います。「環境が変わると人は変わります。」根本的には何も変わりませんが、人生の中心点が変わってくるのです。

いまあなたはかっこいい洋服に出会うと「ドキドキ」したり「ワクワク」したり、街中でおしゃれな人を見るとつい見とれてしまったりします。今思い起こせば人生で一番おしゃれを楽しんだ時期だったと思います。

バイヤーになったら、あなたはまるで転職でもしたかのような感覚になります。筆者の場合はパソコンは使ったことはあっても業務レベルではなく、Excelでも式の入力や関数、ピポットテーブルやマクロ機能の使い方、誰も教えてくれません。全部自分でなんとかするしかありません。どんどん、今までのあなたのペースがなくなります。

そしてあなたをとりまく環境が変わると心境もどんどん変わっていきます。誰が本当のことを言っているのか?誰が信用できるのか?何が正しいのか?業務でいっぱいいっぱいの、あなたに今まで経験したことがない、どろっとした人の感情が滝のように毎日流れ込みます。すると、あなたは必ず見失いそうになるのです。

「あの時何でバイヤーになりたかったのか?」

「バイヤーになってなにがしたかったのか?」

もっとも大事なところがどんどんずれていって結果的に「売れる商品」を探します。そして求めれば求めるほど「売れる商品」たちはあなたから遠ざかっていきます。多くの場合「本当の売れる商品」はあなたの中と周りにたくさんいますが、それの数が足りなくて「売れてるけどいまいちな商品」に格下げを行っている場合がほとんどです。

挫折や失敗をしない人は成功しません。悲しいかな人はうまくいかない時に差が出ます。そして成功する人は自分を信じて諦めません。

もう一度いいます。自分を信じて諦めないでください。必ずいい結果が出ます。

売れる商品を探し出したら、あなたは永遠に売れる商品を見つけることはできない。

バイヤーをしていると当然「売れるのか」「売れないのか」という話が多く出ます。店舗からもそのような話が多く出ます。とくに店舗の店長やマネージャーは「売れない商品」についてどんどん評論家と化していきます。

「売れる」商品と「売れない」商品の差はごくわずかです。ボタンの色や形、サイズや素材、袖丈や裾の長さや、襟の形や付け方など、その些細なこと一つ一つで「売れる」「売れない」が分かれることもあります。

あなたは商品に対して迷いながらも「選択」して「決断」をしていきます。最初は不安なので先輩バイヤーに聞いたり仲のいい同僚に聞いたりして「確信」を持とうとします。そしてアドバイスをもらう度に「安心」していきますが、最後はあなたが「決断」します。そしてその商品が店頭に並んだ後、もし「売れない」商品になってしまったら、「売れない」商品だったとしたら。

あなたはこの世に一人しかいないと思ってしまうくらいの孤独感を感じるでしょう。

あれだけアドバイスしてくれた人々や応援してくれていたと思っていた人たちが一斉に手のひらを返してあなたに詰め寄ります。

「なんであんな売れない商品を作ったんだ!?」「あんなの誰が買うんだ!?」

直接アドバイスをくれる方はまだいいですが、最も多いのはあなたの知らないところで「売れない商品」について話し合いが行われます。LINEなどや会議、店舗でのミーティングなど、そのことが割と日常的に会話に出るでしょう。そして自分たちのお店が売れないのは「あいつ」の、せいだ!この「商品」のせいだ!とアルバイトスタッフを、巻き込み話題になります。応援や状況を見に行った店舗などで、それを知ったあなたはどうでしょうか?いままでみたいに頑張れますか?

あなたは少し反論の機会があったとして、「この前の会議でみんなでこうしようって決めたじゃないですか!?」と言っても「決めたけど、実際の商品を決めたのは、お前だろ!!」と言われてしまします。

そして売れなかった商品をこれ以上お店にいれるなと言われます。

そして取引様にその事を伝えるでしょう。

すると、あれだけ商談の時にいい人だった営業マンがとても同じ人とは思えなくなります。

頻繁にいつ引き取ってくれるのか?確認の連絡がきます。あなたはその事を上司に言おうとします。

すると、どうでしょうか。上司は聞く耳をもちません。

お前がどうにかしろと言ってきます。それと同時に合う人合う人に「売れない商品」の、ことを言われるでしょう。人によっては「売れなかった商品」に、からめたあだ名で呼んでくる幼稚な人もでます。それに便乗して今まで何も言わなかった人たちもあなたのことをからかい始めます。

そのことについて、考える時間が、増えて眠れなくなります。毎晩、毎晩、眠れなくなって、頻繁に夢に出てくるでしょう。

電話やメールの受信音がなるたびに、怯えるようになるでしょう。

そんな日々が何日も何日もあります。そして合う人合う人にまた「売れなかった商品」の事を言われます。

そして一度でも「売れない商品」をお店に投入してしまったあなたは、その苦しさから「売れる商品」を探し始めます。絶対にです。これはどんな志が高い人でも必ず陥る「罠」です。

売れる商品を探している間はあなたは「売れる商品」には出会うことはないでしょう。理由は単純です。「売れる商品」という都合の良いものは、この世にはないからです。

今のその気持ちを記憶することが大事

そこで今もしバイヤーになりたいっと思っているのなら、その気持ちを忘れないように紙に書くか呪文のように自分自信に言葉に出して記憶していってください。このことはその後起きる様々なことを乗り切る大事な大事な「自分との約束」になります。

きっと今のあなたはおしゃれが好きで、おしゃれなものに囲まれているだけで幸せだと思います。それは人から見たら「変わっている」服装かもしれませんが、あなたがあなたでいるために必要なものたちでしょう。

そしてその必要なモノたちは、人生の中心点が変わるたびに姿を変えていきます。

そして一度でも「売れない商品」を作ってしまった、あなたは少しでも売れるように社内で「売れている商品」を真似るようになります。売れている情報に敏感になって、「どこどこの会社で、こんなのが売れている」という情報を探すようになり、積極的にそれをお店に投入するでしょう。

そして次々と「売れない商品」を生み出していきます。

次第にあなたは「自分は悪くない」というようになります。もうこれ以上耐えれないからです。

売れないのは売らないお店が悪い、店長が悪い、マネージャーが悪い、スタッフが悪いと、どんどん蔑んでいくでしょう。そんな素振りを見せない、優しいあなたですが、会話の節々に、勤務態度に表れます。

そして売れていない人たちを見つけて仲良くしようとします。そして売れている人たちを「売れているんだけど、あの人の何々が悪い」というようになるでしょう。

そんな期間がありますが、大丈夫です。きっと立ち直れます。今から「本当の売れる商品」の作り方を教えます。

誰のための商品なのかがないと売れていかない

もう一度書きますが「売れる商品」などこの世の中にありません。その商品が売れるのは、その商品を言いと思ってお金を払ってくれる「相手」がいるからです。あなたの商品に対して「価値」を十分に感じて「お金」を出してくれるのです。それはお客さんで、あるしスタッフでもあります。

筆者はビームスのバイヤーに憧れました。世界中を回って自分の目で見て、触って感じて、それを買ってくれる「相手」を想像しながら商品を買うのです。そして商品は大ブレイク、ビームスさんが持ってくるブランドは毎回、毎回、トレンドアイテムとなって値段も高騰していました。「リーバイスレッド」など懐かしいですね。

あなたは売り上げが欲しくて欲しくて「売れる商品」を必死に探します。

誰々がこれがいるって言ってたな、じゃーこれも買おう。

あの人がこれが次いいって言ってたな、じゃーこれも買おう。

あの会議で、次はこうゆうのをみんなでやっていきましょうって言ってたな、じゃーこれも買おう。

どうでしょうか、その商品は売れるでしょうか?

絶対はないですが、あまり売れないでしょう。的確な狙いも定め切れず、サイズ、カラーもあやふやで、もし売れても数量不足で売り上げの足しにもなりません。均等にお店に入れてしまったあなたは、売れやすいものから売れてしまい、ぼちぼちの商品でじわじわと仕入れ枠がなくなっていきます。

もう一度言います。「誰のための商品」なのか!「誰を幸せにする商品」なのか!明確でないといけない

だいたいではダメです。以下の順番を守ってください。

  1. 年齢や性別(ターゲット)
  2. どんな趣味思考の方のための服?(ペルソナ、テイストを決めるのに有効)
  3. どんな時に着る服なの?(シュチュエーション、素材や季節感に有効)
  4. いくらくらいで買ってもらえそう?(プライスゾーン、お店の位置を決めるもの)
  5. この商品ではどのカラーを選ぶの?(カラー、売り場でのファーストインパクトに有効)
  6. この商品はどれくらいの人に買ってもらえそうか?(販売数量、利益に大きく関わるところ)

あまり絞り込んでニッチな商品になって売れないのでは?という方もいますが、そんなことはないです。それを防ぐには次のことが大切です。

  1. お店に行って現在位置を確かめる。実際の狙ったお客さんが購入しているか?
  2. スタッフとお話をして、狙った通りの「買い方」をしているのか?
  3. 他にどんなものに興味があるのか?
  4. 今やろうとしている事と、すり合わせてずれていかないか想像してみる。

お店は、あなたがやろうとしたことが「今」の時間軸で起きています。そして今、あなたが用意しようとしている商品は「ずっと先」の商品です。どうしても先の商品になってしまうので、頻繁にズレを修正しないといけません。それには次のことを癖付けるようにしてください。

妄想ー実験ー検証ー修正

仮説をしっかり立てよう、すぐに試そう、検証は短めで、すぐに修正していこう。

仮説はとても重要ですが、その前に「自分がこのお店をどうしていきたいのか?」というイメージを持つことが需要です。今後全てそのベクトルに引っ張られます。

例えば)

このお店を5年後にはニューヨーク支店を出して世界のトップブランドで活躍したい!!

と、まー大きな目的があるとします。すると、今後用意する商品は全てこの「5年後にはニューヨーク支店を出して世界のトップブランド」になるための商品になっていきます。もう少し現実味があるようにすると、

 

今期、自分の手がけた服が今きてくれてるお客んの3倍のお客さんに買ってもらって自分が味わったきた「ドキドキ」と「わくわく」を広めたい!!

と、目的を建てたとします。ここで今年中にどこかのアイテムがいつもの3倍の数売りたいよーっと目標ができました。あとは逆算して今を頑張るだけですが、「自分が思ういい商品」ではこの目標は達成できるはずもありません。

そこでまた上記に触れた「誰のための商品」なのかをしっかり考えて、あとは、ひたすら妄想して妄想して妄想していきます。

トイレの中、お風呂の中、ご飯を食べらがら、電車の中なんてマーケティングの宝庫です。ひたすら妄想して人を見て、商品を見てウロウロします。

見る「量」=「センス」体感する「量」=「クオリティ確認」

あなたが今おしゃれなのは自分のことを世界で一番見ているからです。そして自分に合う服を知っているからです。なぜ知っているかというと、たくさん失敗もして体感したからです。そこであなたは知ります。良いものと、安いものの差を。

それは時に素材だったり、製法だったり、機械だったり、まちまちですが、わかるようになります。

みればみるほど、あなたの「センス」は蓄積され服を買えば買うほど「良さ」がわかります。

次第にこれは原価でいくらだな、この値段はぼったりやな、この商品は利益ほとんどないけど、ご奉仕品だなっとわかるようになります。

そして買う人と同じ気持ちになってください。

同じ目線で商品を見ながら、バイヤーの目線も入れていきます。

すると見えてきます。「幸せになる商品」が!!

その商品はお店にはありません、メーカー様にも、商社様にもありません。あなたの中と街中にしかないのです。

ひたすらウロウロしてください。足がパンパンで動けなくなりそうなくらい。見に行くのです、体感するのです。感じるんです。

そこで感じた「感動」や「イメーシ」をメーカー様や、商社さまとともに、膨らましていくのです。

売れなくなったら、まず見に行くこと。これしか今を変えることはできないと思います。

まとめ

少し長くなりましたが、いかがでしたか。バイヤーの仕事とはきれなことばかりではありません。それは当然お仕事ですから仕方がないです。ですが、忘れられないことがたくさん起きると思います。

ですが、本当に本当に忘れないでください。

あの時の気持ちを!

熱々のあの時の気持ちを!

それだけであなたはやっていけると思います。

頑張ってください。期待しています。

次回は実際に起こった業界あるあるでも書こうかな。

 


コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓記事が気に入ったらシェアしてね。↓
スポンサーリンク

おすすめの記事&広告

関連記事

Profile


ポテコ

ガジェット好きの38歳、3児のパパ。筋トレやランニングも大好きです。最近はブログにハマってHTML5&CSSを勉強中。お仕事はアパレルのECサイト責任者をしています。主にTwitterで活動しています。よかったらフォローしてください。

メインPC:自作PC
サブパソコン:SurfacePro4
カメラ : a5100,標準レンズ
タブレット :HUAWEI Media Pad M3
スマホ :HUAWEI nova
データSIM :OCNモバイルONE
通話SIM :Softbank

ライフ

2017/06/11

4年ぶりに痛風発作がでました。もうやだ!!

こんにちはポテコです。 私は尿酸値が高い、そう痛風持ちでございます。 いまどき痛風もちはそこまで珍しくもなく、痛風持ちをカミングアウトすると意外に「おれも!」とか「実はわたくしもなんですよねー。」とか ...

Windows PC パソコン

2017/05/24

HuaweiからめちゃくちゃかっこいいノートPCが発表!!その名も「MateBook X」これはいいぞ!!

こんにちはポテコです。 Huaweiから新しいWindows搭載のラップトップが3つ発表されました。 MateBook E(2in1) MateBook X(13インチノートPC) MateBook ...

パソコン 自作PC

2017/05/21

ディアウォールで作る「スピーカースタンド」これで快適な作業環境の第一歩を踏み出した。

こんにちはポテコです。 自作PCを迎えいるためにIKEAの机を買おうかと思っていますが、その為にはまず、、、。 スピーカーが邪魔!! ということで、ディアウォールを使って壁に貼り付けることにしました。 ...

iPad Pro タブレット

2017/05/19

WWDCでiPadPro10.5インチが発表されたら、お財布が爆発しそうな件

こんにちはポテコです。 WWDCでiPadPro10.5インチとSiriスピーカーが発表されるのではないかという噂がありますが、もし発表されたら私ポテコのお財布はどうなってしまうのか心配です。 現在の ...

イヤフォン ガジェットモノ

2017/05/07

「Hellodigi HD10 bluetooth 」という両耳が独立したワイヤレスイヤフォンを買ったのでレビューします。これは入門機に最適!!

こんにちはポテコです。 Amazonで「Hellodigi HD10 bluetooth 」という両耳が独立しているワイヤレスイヤフォンを買って1か月たったのでレビューします。 このイヤフォンはコード ...

-ビジネス, ファッション, ライフ

Copyright© ぽてぽてポテコの”のらくら日記” , 2017 AllRights Reserved.