ガジェット ガジェットモノ

もしかして流行ってる!?CASIOのアナデジ「チープ」腕時計 

投稿日:2016年5月14日 更新日:

 

スマホを時計代わりにしていたが、さすがに社会人として見栄えが良くないということで、腕時計を買いまいした。清潔感があってカジュアルライクなこのデザインにとても惹かれた。

スポンサーリンク

CASIO アナデジ ディアルタイム

筆者が購入したのは”ディアルタイム”というものだ。とても価格が抑えられている。わずが¥3,235だ。この見た目からは想像もつかないプライスに驚きだが、実は本体はプラスチックにメタル加工しているだけ。

実際に持ってみるとかなりの「チープ」感がある。まるでガチャガチャで出てきたおもちゃのような質感で、とても軽い。だが、この見た目である。社内の同僚にいくらに見えるか質問をしてみたが、CASIOブランドということで、「1万7千円」と答えてくれた。

筆者も初めて見た時は「一万円」くらいはするんではないだろうかと思った。もう一度見て欲しい。

CASIO アナデジ ディアルタイム

よく見ると本体とバンドが違う素材なのがわかるだろうか?光具合がバンドの部分はくすんでるが、本体はピカピカと反射している。裏を見るとよくわかる。

CASIO アナデジ ディアルタイム

ここまで安いとよくある安物の時計を買う理由などない。色違いで2色ある。ゴールドと文字盤が白になるものだ。下のものは国内の正規のものだが、逆輸入番が存在する。これがとても安い。迷ったら二つ買えばいいと思う雨くらいだ。

CASIO アナデジ ディアルタイム

一通りのことはできる

ストップウォッチやアラームなど、最低限の機能はついている。左サイドのボタンを押すことで操作をしていく感じだ。左上のボタンでモード選択、左下のボタンで設定する感じだ。

防水ではないが、生活防水なのが嬉しい。筆者はカレンダーモードにしている。時間はアナログで確認して日付と曜日をデジタルで確認する感じだ。これが結構重宝している。

CASIO アナデジ ディアルタイム IMG_20160514_124640 IMG_20160514_124619 IMG_20160514_124647 IMG_20160514_124634

各機能の表示はこんな感じだ。ちなみにボタンの押し心地も「チープ」です。何をしても「チープ」なのですが、またそこがいいですね。

まとめ

この価格で「CASIO」ブランドがついることが素晴らしいです。さすがに「チープ」感はありますが、品質は確かによく「安かろう、悪かろう」ではない。

これくらいの価格帯であればスマホで時間は十分と思っている方にもお勧めでするのではないだろうか。筆者はいくつか集めたくなった。また色違いで、ゴールドがある。とても気になっているので、お小遣いに余裕が出たら買いたいと思う。

嫁さんが、このシリーズのコンビネーションモデルを買ったので、それもおすすめしたい。とても可愛く少し「大人の女性」の雰囲気が出るのでいいのはないだろうか。

下に色違いなどのリンクを貼っておきます。アマゾンのページの方がアップの画像が見易いので是非、見て確認してみてください。

 

 

ポテコ
 ガジェット好きの38歳、3児のパパです。縁あってアパレルバイヤーやってます。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。子供たちと行くキャンプも大好きです。最近は筋トレにハマってしまいました。ほんの日常をシェアできたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterで最新記事をお届けします

スポンサーリンク

-ガジェット, ガジェットモノ

Copyright© ぽてぽてポテコの”のらくら日記” , 2017 AllRights Reserved.