a5100 ガジェットモノ

SONYのミラーレス一眼レフ a5100を購入

投稿日:2016年2月20日 更新日:

IMG_0571
もともとはキャノンのEOS 7Dユーザーでした。写真を撮ることに関してはとても良かったのですが、持ち運びのことや、ママが使うことを考えて今回買い替えに踏み切りました。2016年買って良かったベスト1位です。

次はマクロレンズと単焦点レンズが欲しいです。ブログ用と子供撮り用に。

では見ていきましょう。

スポンサーリンク

品番はILCE-a5100Lです。

とにかく軽い。お手軽ミラーレス一眼レフ

a5100を購入した一番の理由は娘が生まれたことです。今ままではCanonの7Dという一眼レフを使っていました。この7Dはとっても「一眼レフ」らしくグリップの形状や「撮る」ことにおいての撮りやすさなどは申し分なく「男」の一眼としては最高です。そして何よりも写りが素晴らしくこれで上の子たちのかわいい写真も沢山撮りました。いいところも沢山あったのですが、「男」の一眼なのです。

ママが使うことを一番に考えたらa5100を選びました。

IMG_0575

このa5100は驚きの283gです。一般的なスマホよりも100gも重くないので、想像しやすいと思います。この軽さが買い替えの大きなポイントでした。せっかく綺麗に撮れるカメラがあるのに「ママ」は大きさと重さであまり使ってくれません。娘と一番多くいる「ママ」に娘のかわいい写真をたくさん撮ってほしいので、買い替えました。

ダブルズームキットは不要です。

メインで使う人はママです。そしてメインの被写体は「子供」です。一番悩んだのは望遠レンズが必要かどうかということでした。以前はキットレンズではなく18-200という使い易い距離感のレンズを使っていました。それは運動会や幼稚園のお遊戯会などで使うつもりで買ったのですが、現実はこうでした。

ビデオで撮影しながら、一眼レフは腰に下げたままなのです。

子供の運動会は写真ではなくビデオがメインだったなーと写真フォルダを確認して確信しました。動きがあるイベントはビデオ撮影で、同じイベントでも一眼でよく撮っていたのはお友達とのスナップ写真が中心で、走っているところなどはうまく撮影ができなくていい写真も少なかったのです。よって望遠レンズはいらなく、それよりは室内取りがキレイな明るい単焦点レンズとのセットの方がいいですね。

タッチシャッターがすごくいい。

素人は練習する時間がない

IMG_0572

さー撮るぞと買ったばかりの一眼レフで子供達をパシャパシャと撮りますが、これが思いの外コツがいるんです。やっぱりそこそこ一眼レフの知識がないと最初からうまく撮れるなんでなかなかないのですが、その中でも困ったのが、「ピント」合わせでした。

顔に合わせて「タッチ」するだけ。

これはすごいですね。一眼レフで撮影していて一番うまくいかなくて困ったのが、「ピント」合わせです。これ結構困るんです。カメラの小さい液晶だとうまく撮れてるように見えるのですが、パソコンで確認して初めてずれているのに気づくのです。もう運動会も何も終わった後に。ある程度、シャッタースピードや絞りをカメラ任せに撮れる「P」モードってのはどの一眼にもあるので、これで撮ることおすすめですが、そこはうまく撮れても「ピント」がずれてるのはどうしようもできないのです。また後で「現像」という作業をするようにRAWデータとJPGデータを同時に記録するモードもあるので、それでとってもピントずれは直せない。

コロコロ変わる子供の表情を撮るにはピント合わせてる時間がない。

普通の一眼ならフェンダーを覗いてピントを合わせてシャッターを切ります。またカメラに任せてオートフォーカスでピント合わせしますが、画面の端にいる我が子にピントを合わせて撮りたいときやよって撮るときに、全然違うところにピントが合ってしまって後でがっかりといったことがたくさんありました。特に嫁さんの撮った写真は表情はいいのですが、ピンとづれがよくありました。このタッチシャッターならピントを合わせたいところに「タッチ」するだけ。この機能はもう手放せないですね。

感想

一度一眼レフを買ってしまったら、もう二度とコンデジには戻れないです。このコンパクトで軽くて高性能なミラーレス一眼レフは「ママ」にとっても家族にとっても最高の一眼レフになると思います。次は使い勝手を説明したいと思います。

ポテコ
 ガジェット好きの38歳、3児のパパです。縁あってアパレルバイヤーやってます。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。子供たちと行くキャンプも大好きです。最近は筋トレにハマってしまいました。ほんの日常をシェアできたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterで最新記事をお届けします

スポンサーリンク

-a5100, ガジェットモノ
-, ,

Copyright© ぽてぽてポテコの”のらくら日記” , 2017 AllRights Reserved.