自作PC

「ミニマリスト」必見!!自作PCの進め。パート①

更新日:

こんにちはポテコです。先日自作PCについての記事を書かせていただきましたが自分宛のメモがてら,もっとわかりやすく記事にしていこうと思います。

ライティング技術やわかりやすい文章の書き方の勉強にも丁度よいと思います。

今日はそんなお話です。

「ミニマリスト」に最適なのは自作PCだ!!

ミニマリストは「必要なものを必要なだけもつ事」が大切ですよね。ブロガーでもミニマリストの方がたくさんいます。そんな方におすすめなのが「自作PC」です。

自作PCとは名前の通り自分で作るパソコンのことです。自分で作るといっても「半田ごて」片手に基盤とにらめっこ、というわけではなく、パーツを買ってきて自分で組み立てるだけです。

自分でPCを作れるようになると、PCが壊れてしまった場合は壊れてしまった部品だけ自分で交換すればいいのです。

もし性能に不満がでたらCPUやメモリだけ交換すればいいし、HDDがいっぱいになってきたら内蔵のHDDを増やせばいい。

 

このように「必要なものを必要なだけ」付け足したり交換したりするだけでいいのです。

まさにミニマリストにとっては自作PCは最適だといえます。

自作PCはとっても簡単!!7つの部品とOSがあればできる!

実は自作PCはとっても簡単です。7つの部品とOSさえあれば完成してしまうのです。簡単に説明すると以下の感じです。

  • OS(Windows)
  • PCケース
  • マザーボード
  • CPU
  • CPUクーラー
  • メモリ
  • SSDやHDD
  • 電源ユニット

基本はこの7個の部品とOSがあれば完成です。

専用の工具もいりません。ドライバーが一本あれば組みあがることが多いです。手順さえ理解すれば女性でも簡単に作れてしまうのが驚きです。

自作PCを作ってみよう!!

自作PCはとっても簡単に作れます。まずは手順を覚えましょう。

  1. マザーボードにCPUを装着
  2. CPUグリスをCPUに塗って、CPUクーラーを装着
  3. マザーボードにメモリを装着
  4. マザーボードをPCケースに装着
  5. 電源ユニットを装着してマザーボードに接続
  6. SSDをマザーボードに接続しPCケースに収納
  7. PCケースの配線をマザーボードに装着
  8. 配線をきれいに整えてディスプレイとキーボードを接続しPCケースをコンセントへ
  9. PCの電源をON、それぞれのSSDやメモリなど接続されて認知されてるか確認
  10. USBでWindows10のOSをPCに接続、Windows10をインストール

これで完成です。

どうでしょうか、とっても簡単ですよね。女性でもこの手順さえ理解してしまえば簡単に組みあがります。

まとめ

まさにミニマリストにとって自作PCは最適だと思います。壊れたら壊れた部品だけ交換する。足りなくなったものは必要なだけ足してあげる。

たったこれだけ。

またパソコンを仕事にしているのであれば緊急時に対応がきいて便利だといえます。

もしお子さんに運動会やお遊戯会の動画をより高画質な4K動画で編集したい!となればビデオカードを買い足せばいい。

ゲームなどプレイしたいタイトルがでてきた時も同様です。

まさに「ミニマリスト」にとって自作PCは最適と言えます。

次回は7つの部品とOSについてお伝えできればと思います。

関連記事

Instagram

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポテコ

ポテコ

 ガジェット好きの38歳、3児のパパです。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。娘を溺愛しております。日常をシェアできたら幸いです。 主にTwitterで活動していますが、写真はインスタメインで上げてます。よかったらフォローしてください。

-自作PC

Copyright© ”のらくら日記” , 2018 All Rights Reserved.