iPhone ガジェット

microSIMからnanoSIMへSIMカードをカットする方法。

投稿日:2016年2月15日 更新日:

 

初回の契約時にmicroSIMで指定したので、当然microSIMで運用していたのだが、iPhoneはnanoSIMなので、カットすることにしました。アマゾンなどでSIMカッターがあるのですが、自分でもできそうだったでやってみた。以外と簡単だったのでそのやり方をシェアできたらなと思います。

スポンサーリンク

iPhoneはnanoSIMなので、カットするぞ

DSC00579

OCNと最初の契約ではmicroSIMで契約しました。当時のXperiaはmicroSIMでの。でも今回はiPhone6sPlusです。こちらはnanoSIM、microSIMより少し小さいです。なのでカットして使います。よほどの不器用さんではない限り簡単なので大丈夫だと思いますが、自己責任でお願いします。

紙を印刷。

まずはここから用紙をダウンロードして印刷します。手元にプリンターがなかったので、コンビニでメモリースティックに入れて印刷してきました。最近はコンビニって本当に便利ですね。

DSC00503

テープで固定していきます。

僕はSIMカードがテープで覆いかぶさるようにしました。

DSC00504DSC00505DSC00508

これで全部貼りました。テープでSIMがむき出しのところはありません。

マーカーを引いていきます。

テープでSIMを全部覆い被せたのは次にマーカーを引いいてカットする位置を書きたかったからですね。慎重にラインを引いていきます。

DSC00509

DSC00510

全て引けました。次にカットです。

カットするところは正確に!

少しでもちがうところをカットしてしまうと、使えなくなってしまうよですので、ハサミで一気にバシッといきます。こうゆうのはゆっくりやると歪んでしまうので、一気にいきます。

DSC00513

いいですね!気持ちいいほど、バシッと行きました。次に上のテープをはがして完成です。

DSC00515

印刷にコンビニに行ったので、少し時間がかかりましたが、家でプリントアウト出来た方はかなりスムーズにできると思います。時間にして10分程度でしょうか。割とすんなりカットできます。

ですが、参考にされる方は自己責任でお願いします。

iPhoneのSIMトレイに入れてみた。

DSC00546

サイズもぴったりで、特にヤスリなどはかけていないですがすっぽり入りました。入れて出て来ないと嫌なので、入れた後に出してみたら、すんなり出て来てくれました。よかったです。この後もSIM設定もスムーズに行えて、AndroidからSIMフリーのiPhoneにデータ移行も簡単に移せ、ものの30分程度で全て完了しました。

感想

初めてSIMカットしましたが、型紙のおかげで思ったよりもスムーズにできました。もしSIMカッターなどを購入してカットしようと思っていた方いたら、たった一回のカットのために専用の器具を購入するのは考えた方がいいかもです。自分でカットするか、SIMカードを新しく送ってもらうか、どちらかがオススメですね。

不安な方はこちらを使うと安心できそうです。

ポテコ
 ガジェット好きの38歳、3児のパパです。縁あってアパレルバイヤーやってます。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。子供たちと行くキャンプも大好きです。最近は筋トレにハマってしまいました。ほんの日常をシェアできたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterで最新記事をお届けします

スポンサーリンク

-iPhone, ガジェット

Copyright© ぽてぽてポテコの”のらくら日記” , 2017 AllRights Reserved.