XT-2 カメラ

FUJIFILM XT-2が欲しい理由、前振り編。

更新日:

こんにちはポテコです。

お久しぶりです。いやー2017年は凄かった。あっという間でした。

今日はカメラの話をちょっと。

2017年の7月より仕事の役割が変わりまして今まで眠っていた「写真」なるものが目を覚ましてしまいました。

2018年は写真元年になりますね。目指せフォトグラファー。

なんてね。

覚醒の年になるはず。そうカクセイですよ。

FUJIFILE XT-2が欲しくなるまでの道のり。きっかけは仕事でした。

それはそうと以前は商品を仕入れる役割でしたが、次はその商品をインターネットで売るeコマースなる部署に配属になりました。

ブログをやっていたおかげで楽天の「RMS」とかAmazonの「セラーセントラル」とかの操作などは全然問題がなく使いこなすことができたのですが、商品写真だけはそうはいきませんでした。

うん。

やっぱり写真って面白い。割と奥が深いのです。

フルサイズってやっぱ凄い。いろいろと凄い。

モノブロックというストロボをつかっての商品撮影は私にとても刺激を与えてくれました。

だんだんとうまく撮れるようになってくるともっとステップアップしたくなるのが私の性分です。

今使っている私用のカメラはSonyのa5100というミラーレス一眼レフです。これはとても優秀なカメラで日常生活の記録カメラとしては最高です。

超がつくほどの軽量で2000万画素をAPS-Cサイズのセンサーで写すのですからレンズさえ良いものにしてしまえは画質や解像度も満足のいく写真がなんなく撮れます。

新しい仕事場では当然会社からの支給されているカメラがあります。CannonのEOS 5D MarkⅡというフルサイズのセンターをもつカメラです。

当然レンズも24-105mmのLレンズというとてもお高いレンズですので、とても写りが良いです。はじめてフルサイズのセンサーを搭載したカメラでの撮影はもう興奮でしたね

やっぱすごいです。

フルサイズのボケはもう最高。トロトロよ。トロトロ。

何気ない写真もきれいにボケがあってよく見えます。このカメラとレンズで撮った写真は実際の目で見るよりもツヤツヤした感じで本物よりも一段が二段分くらい商品価値がぐっと上がる気がします。

そうこうしている内に社内スタジオではなく店舗での撮影もするようになりました。チームが2チームあるため撮影日が重なるとカメラを持っていけず個人のカメラをつかっています。

するとあれだけ最高のカメラと思っていたa5100ではうまく撮影ができないのです。原因は「光のコントロールができない事」。a5100はストロボをつけるホットシューがなく内蔵のストロボを使うしかありません。

ところが、内臓のストロボが壊れていて使えないし、もし使えても光量の調節はできない。

店のできるだけ明るいところで撮影しますがISOをぐっとあげてシャッタースピードを遅くして撮らないと標準ズームレンズではうまく写りません。

店舗の高いところからの照明では商品の下に大きく影ができてしまいます。白い画用紙を段ボールに張り付けてレフ板代わりに使ってみましたがさほど効果もなく、、、。

地味にイライラする各モールごとの規約。

Amazonの規約ではアパレル商品はモデル着用か物撮りの背景飛ばししか使えない。店舗での撮影では物撮りがスペース的にできないためスタッフにお願いをしてモデル着用写真を撮影しています。

ところがこれ、洋服にすごい影がたくさんできてしまい商品価値がまるで伝わらない写真になるのです。

一度、会社の5Dm2を持ち出してストロボを使ってみましたが天井が3m以上ある店舗でしたので天井バウンスがさぼど効果がありません。

そしてアパレル商品ですから縦長です。当然縦位置の写真を撮りますので、カメラのホットシューにストロボをつけて天井バウンスさせても影の入り方がきつく出てしまいます。

できれば一台でいいからアンブレラを使って撮りたいと思うのが普通ではないでしょうか。もしくは縦位置で柔らかく光が当たるように大きめのディヒューザーをつけたりL字ブランケットをつけて撮りたい。

社内のスタジオが使えない。

店舗の商品を一度本部に集めて写真を撮って戻すということもしたのですが、その間店舗では販売ができないということで、これはこれで問題、、、。

一度きりならいいのですが、毎週毎週というとね。

Amazonは楽天よりも販売が簡単で効率がいいので出品したい。とくにオリジナル商品ではなくライセンスブランド品はとっても売りやすい。(最高!)

商品登録は少し手間ですが慣れてしまえばどうってことはない。問題は写真だけ。

もう一台持ち出しOKのカメラと撮影機材があればといいなっと思い始めます。

だんだんと目がこえて違いが分かるようになってしまう。

 

それと並行して、頻繁にフルサイズのカメラで撮影をしていると自分の所有しているカメラの画質が気になり始め、レンズだけ買い足そうと考えますがストロボを使った撮影が魅力的でストロボを使えるカメラが欲しくなり始めます。

店舗での撮影は毎日ではないが入荷が増えると必然とその数も増えていく。撮影よりもその後の作業のほうがずっと手間なのできるだけテンポよくサクッと撮影しちゃいたい。

商品の入荷は火曜日で当然もうひとチームもその日に撮りたいし、できれば私が撮影したほうがその他の作業にあてれるので本部にて火曜日は撮影したい。

私のチームも水曜日に撮影できれば後2日あるので、こちとら何とか間に合う。

掲載したい商品がある店までいって撮影するスタイルがいまのところ在庫も持たなくてうまいこといきそう。

まとめ

とまー。こんな感じです。仕事で使うのがメインなら会社が負担するのが当然なのですが、写真がたのしすぎてもう止められない。

習得に時間がかかるものが好物なので、写真でお小遣い稼げるまでやってみよと決意してます。

そこでやるからにはやるぞ!ということで機材はそれなりのしっかりしたものにしようと探し始めます。

そしてこれがもう奥が深くて面白い。結局、Cannon、Nikon、OLYMPUS、Sony、FUJIFILM、Panasonic、のメーカーのすべてのカタログをそろえて全体像を把握してしまった。

いやー本当に面白い。4か月かかりました。

レンズメーカーもSIGMAやタムロンやツワイスなど様々でそれぞれ個性があって面白い。YouTubeも見回って商品レビューだけじゃなくて、写真の撮り方を教えてくれる方まで幅広く見ました。

その中から私がもっとも欲しくなったのはOLYMPUSの「OM-D EM-1MarkⅡ」です!!

このカメラを中心にそろえていくように計画していきました。総額60万円でカメラからレンズからストロボまで一式そろえるつもりでしたが予算が集めることができませんでした。

で!

予算が半額の30万までしかどうしても捻出ができないということで、一度振り出しに。でもこれが良かったと思っています。

だって、FUJIFILMのXT-2に出会えたのですから。次はなぜOLYMPUSに選んだのか、さらになぜFUJIFILMにするのかをお話できればなーっと思います。

よいしょよいしょa5100でXT-2のカタログを撮ったのが差し込んでありますが、ほんまにかっこいいカメラなんです。

では次は他社との比較いきます。

関連記事

Instagram

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポテコ

ポテコ

 ガジェット好きの38歳、3児のパパです。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。娘を溺愛しております。日常をシェアできたら幸いです。 主にTwitterで活動していますが、写真はインスタメインで上げてます。よかったらフォローしてください。

-XT-2, カメラ

Copyright© ”のらくら日記” , 2018 All Rights Reserved.