Surface

Surface Pro4を買って、3か月でタブレットの方が使いやすいと思う件。

こんにちはポテコです。

 

SurfacePro4を買って早くも3か月がたとうとしています。最近めっきり持ち運ぶこともなく、先日買ったHUAWEI Media Tad M3で満足してしまっています。

Surface Pro4がよくないという記事ではなくて、筆者にとってのベストはタブレットだったという話です。

んー、12万円でiPad Pro9.7の128GBセルラーモデルにしておけばよかったかも。

今日はそんな雑談です。

 

Surface Pro4よりタブレットのほうが使いやすい理由。

 

この2つを比べるのも本来はおかしい話ですが、モバイル端末としての視点で購入したので比べてしまいます。また個人の使い方でSurfaceのほうが全然いいと思いますのであくまで私の感想です。

 

タブレットのほうがいいと思う点

 

  • 毎回電源を入れなくてもいい。
  • アプリの立ち上げがスムーズ。
  • 軽い。
  • どこでも通信できる。
  • 電車の中で立ちながら見れる。

これらは買う前には想像ができていた項目ばかり。それでもSurfaceがいいと思って購入したのですが今では自宅のメイン機として使っています。

今後はSurfaceを購入してよかったところを上げていきます。

 

SurfacePro4を購入してよかったところ

 

  • Windows10が面白い。
  • イラストって難しいし楽しい。
  • 自作PCに目覚めた。

とくにWindows10がこんなにも面白いとは知りませんでした。PCはずっとMacでしたので、初めてのWindows PCで通知やファイル、ストレージの管理と見た目は事務っぽいのですが使い勝手はなかなかいいです。

またMacはでは対応していないフリーソフトなど対応しているケースが多くうれしかったです。

イラストも描いてみました。これがなかなか難しくって面白い。

私はClip Studio Paintというフリーソフトを入れて描いてみましたが、レイヤーとか重ねて下書きからペン入れや影などいれていけるのが、懐かしくて楽しいかったです。

小学校の時によく「ドラゴンボール」とか「ガンダム」のイラストを書いたり4コマ漫画を書いたりしていましたから。

 

Windowsはカスタイマイズ可能で楽しい。

 

Windows機は自分でカスタマイズができるのを知りませんでした。これは大きかったです。よく記事にしていますが、Surfaceのおかげで世界が広がりました。

Surfaceを売って自作PCを購入しようと思います。

 

SurfacePro4を買ったおかげできずいた自分に本当に必要なもの。

 

失敗は成功のもととは、よく言ったものでこれで私に必要なガジェットが見えてきました。

 

購入した一番の目的はブログ製作

 

結果はブログ製作は自宅でしっかりと作りこむのが一番でした。早く帰っても子供たちや妻に時間を取られて作業時間が確保できないと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

仕事そのものを早く終わるように工夫をしたり、早寝をして朝の4時などに起きて作業するようにしました。

 

34インチのディスプレイが大活躍

 

自宅に作業効率をよくしようと34インチのディスプレイを購入したのですが、これがかなり快適でした。

Surface Pro4の12インチの小さい画面で作業を長時間する気になれず自宅で作る時間がどんどん多くなってきました。

Surfaceはキーボードと化しています。本体の画面すら使っていません。

 

HUWEI Media Pad M3がきっかけでタブレットの良さに気づく。

 

Neuxs5xが文鎮化してしまいまったく使えなる事件が起きました。私が買ったのは香港から個人輸入で購入したモデルなので、国内では保証の対象外ということで修理はできなくはないのですが断念、新しくスマホを購入することにしました。

ちょうど新製品で売られていたので、気になって興味本位で買ってみたのですが、これがなかなかいい端末です。

以外にも私の私生活を変えてくれました。

驚くことにM3のおかげでSurfaceがなくても仕事ができ、スマホのかわりもできるのでこれ一台で事足りでしまったのです。

できないことというと、キーボードをもっていないので、ブログの下書きぐらいでしょうか。

 

快適なタブレット生活

 

私はGoogleのサービスを使うのが好きなので、SNSはハングアウトですしドキュメントやスプレットソートもよく使います。

ExcelやWordを使わない理由は重たいからです。

サッとみたいのにもたもたと動きが鈍いのがいやなので使っていません。OneDriveも重たくなかなか表示しないことが多いので使いたくないのです。

その点、Googleのサービスはサッと表示します。ほぼ待ち時間がないです。とても使いやすい。

また私の仕事では外出先では、ほとんどパソコンを使うことがないのです。画像を見せたりしながらアイディアを膨らましていく感じなので、正直スマホでも十分なのです。

このようなライススタイルにおいて、Surfaceよりもサッとロックを解除して使えるタブレットのほうが使いやすくメールの確認もしやすくて短めの返事ならその場でできるタブレットが快適です。

使ってみてわかったのですが、Surfaceはふたを閉じるとスリープになりますが、実はちゃんとスリープにならず起きています。(子供みたい)

シャットダウンをしないとバッテリーがすぐになくなります。本当にすぐになくなります。

またパソコンにしては起動は早い方だとは思いますがタブレットとは比べ物になりません。

 

Surfaceを買って気づいた本当に必要なものたち

 

これらの失敗と経験から答えを導き出すとこうなります。

  • 自宅にPC
  • スマホはDSDSのものを一台
  • セルラータイプのタブレットが一台

これで私は満足する生活が手に入ると思われます。

 

まとめ

 

Surfaceを買うことでいろいろなことが発見されたり、気づかされたりと勉強になりました。

買ってよかったですが、ローンだけ残ってしまいす。オークションでいまのローン分くらいになりそうなので、勉強代だと思い納得します。-4万円くらいになりそうです。ひと月1万円中の授業料は高くつきました。

よって、筆者に必要なデバイスは。

  1. ディスクトップPC
  2. DSDSのスマホ
  3. セルラータイプのタブレット

以上。

製品的には。

  1. IN WINのケースでの自作PC
  2. HUAWEI P10 Plus
  3. iPad Pro10インチモデル

ではでは、最後まありがとうございました。

この記事も読まれてます

-Surface

Copyright© ”のらくら日記” , 2020 All Rights Reserved.