ゲーム

【Razer ゲーミングPC】US配列のみのRazer Blada 15 光学スイッチキーボードがすごいのよ。

こんにちはポテコです。

 

みんな大好きRazer Blada 15 に新しいモデルが追加された。今回追加されたモデルは光学スイッチキーボードが目玉の新キーボード。

 

米国ではすでに発売済みだが、日本にはお初目にかかります。とっても楽しみでわくわくが止まらない素敵なキーボード。

 

2020年2月4日の午前10時に発売を開始します。本当に楽しみ。

 

光学スイッチキーボードを搭載したRazer Blada 15 の魅力

 

 

光学スイッチキーボード搭載のRazer Blada 15はグレード違いもなく1モデルのみ。

 

  • Razer Blada 15 Advanced Model(光学スイッチモデル)

 

光学スイッチモデル
ディスプレイ フルHD 240Hz
CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
ストレージ 512GB
GPU RTX2070+MAX-Q
重量 2.3Kg
インターフェース HDMI,MiniDisplayPort,Thuderbolt3(USB-C),USB-C,USB Type-A3.1Gen2x2
キーボード 英字配列、光学スイッチ、Nキーロールオーバー(アンチゴースト機能付き)
価格 31万5800円

 

 

以上がスペックと主な使用になっている。これ見るにかなりの高性能パソコンで、ゲーミング以外にもかなり使えるノートパソコンだわ。

 

動画編集も余裕でこなすスペックで、ありながらゲームも快適にできる。さすがRazerブランドだけある。デザインはAppleと肩を並べれるWindowsPCはRazer時価存在しないのではなだろうか。

 

 

光学スイッチがもたらす高速タイピング

 

 

通常のキーボードは機械スイッチが下まで押し込まれた時点で接点が通電して「ON」になります。ところが光学式ですと押し込まれる前に感知して「ON」にできるのです。

 

このキーボードのキーストロークは1.7㎜とノートPCとしてはかなり深いですが、光学スイッチのおかげで1㎜のところで感知します。

通常のノートPCですとだいたいキーストロークが1.5mmくらいありますから、かなり早い。これにより高速タイピングができるのです。

 

打鍵感は押下圧「55g」と茶軸と同じ

わたくしは茶軸が大好きでかならず茶軸のものを買っています。この打鍵感がノートPCでも味わえるなんて夢のようです。

 

早く全モデルに追加してほしい。

 

光学スイッチによってストロークや底当たりの「感触」をコントロールできるのは本当にええ感じ。

 

キー配列は英字配列のみ

 

*写真はHUNTSMAN TOURNAMENT EDITION

 

かなり複雑なつくりのために、今回は日本語配列がありません。英字配列のみ。しかもファンクションキーが大きいデザイン。

 

わたくしがいつもやっているゲーム「黒い砂漠」ではスキルをファンクションキーに割り当てるので助かります。

 

以外にこのファンクションキーが大きいノートPCって少ないです。

 

まとめ:【2020年春】US配列のみのRazer Blada 15 光学スイッチキーボードがすごいのよ。

 

ノートPCにあのべたべたした打鍵感が苦手なわたくしにとっては最高のキーボード。しかも英字配列ってのも正義。

 

ただしお値段が高い。だけどこのスペックならば無効3年間は最新のゲームにもつかえ粘れば5年以上は使えます。

 

スペック面ではこの上ないので、なにも困ることはなさそうだ。

 

ドスパラRazer公式ページ

今すぐ見に行く

※Blade 15 光学スイッチモデル

この記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ポテコ

 ガジェット好きの41歳、3児のパパです。作曲やイラスト制作、カメラなど多趣味。娘を溺愛しております。日常をシェアできたら幸いです。今年こそ会社に依存しない人生を確立する所存でございます。

-ゲーム
-

Copyright© ”のらくら日記” , 2020 All Rights Reserved.