ゲーム

【Razer ゲーミングPC】Razer Blada Stealth 13 すべてのモデルをまとめて見た。

こんにちはポテコです。

 

Razer Blada Stealth 13で検索するとほとんど2019年の春のモデルばかりヒットしてしますので、今回はまとめて見ました。

 

2020年春の Blada Stealth 13 のラインナップです。

 

 

この3つが最新のBlada Stealth 13 のラインナップになります。結構分かりやすいと思います。

 

2019年にピンクのBlada Stealth 13 が発売されました。このモデルがわりと量販店でまだ残っているようですし、2018年モデルの売れ残りもたまに見かけます。

 

見分け方も掲載しています。ではどうぞ。

 

 

【2020年春】Razer Blada Stealth 13 まとめ

 

 

 

Blada Stealth 13はこの3つのモデルですが、全体像から見ると分かりやすいのでちょっと見てみよう。

 

 

 

Razer ラインナップの全体像

 

 

13.3インチ 15.6インチ 17インチ
GeFoece
RTX2080
Blade 15 Advanced 4K
399,800円(+税)
Blade 15 Advanced
357,800円(+税)
Blade Pro 17
375,800円(+税)
GeFoece
RTX2070
Blade 15 Advanced
315,800円(+税)
GeFoece
RTX2060
Blade 15 Base
249,800円(+税)
Blade Pro 17
295,800円(+税)
GeFoece
GTX1660 Ti
Blade 15 Base
199,800円(+税)
GeFoece
GTX1650
Blade Stealth 13 4K
235,800円(+税)
Blade Stealth 13
209,800円(+税)
Iris Plus
Graphics
Blade Stealth 13
175
,800円(+税)
CPU Core i7-1065G7
4コア8スレッド
Core i7-9750H
6コア12スレッド
Core i7-9750H
6コア12スレット
重量 1.32㎏から1.42㎏ 2.1㎏から2.3㎏ 2.75㎏

 

 

Blada Stealth 13の狙いはモバイル分野

 

 

 

 

Blada Stealth 13はモバイルゲーミングノートPCがメインストリームです。その為、コンパクトなボディと重さがとっても重要です。

 

そして反比例するかのように性能を求められている。このコンパクトなボディでものずごい高性能。

 

ライバルは他のゲーミングブランドではなく、もはやAppleです。これだけのブランド力はすごい。

 

1.3キロから1.4キロとゲーミングモバイルではトップクラスの軽さ

 

Blada Stealth 13はゲーミングノートPCとしてはかなり軽量のモデルです。13インチでも1.6Kg はだいたいあります。

 

15.6インチの最軽量で1.8KgもありゲーミングPCを持ち歩くにはほぼあきらめないといけないような市場でRazerのBlada Stealth 13の1.3Kgや1.4Kgは軽い。

 

参考までにゲーミングノートPCで軽いモデルを載せておきます。

G-Tune P3 1.7Kg

Radeon RX Vega M GHグラフィックス搭載のゲーミングノート。13.3インチとBlada Stealth 13と同じディスプレイサイズ。179,800円(+税)

詳しくはコチラ

スペック:Core i7-8709G/16GB/512GB /フルHD /Radeon RX Vega M GH

 

13インチや14インチでゲーミングノート自体が少ない。かなり探したが存在しない。MX250 でゲーミングノートとうたっているものがあるが、満足に遊べないのでおすすめしない。

やはりある程度のゲームを中間設定で普通に遊ぶにはGTX1650は欲しいところ。GTX1650搭載で軽量でコンパクトなゲーミングノートPCはまさにBlada Stealth 13一択です。

 

Blada Stealth 13すべてのモデルを解説します。

 

まずは早見表を見て解説していきましょう。

 

早見表

Blade Stealth 13 Mercury White Blade Stealth 13 Blade Stealth 13 4K
解像度 フルHD (1920x1080) 60Hz フルHD (1920x1080) 60Hz 4K (3840x2160) 60Hz
CPU 第10世代 Intel Core i7-1065G7 第10世代 Intel Core i7-1065G7 第10世代 Intel Core i7-1065G7
メモリ 16GB (DDR4-3733MHz) 16GB (DDR4-3733MHz) 16GB (DDR4-3733MHz)
グラフィック機能 Intel Iris Plus Graphics GeForce GTX 1650 Max-Q (4GB GDDR5) GeForce GTX 1650 Max-Q (4GB GDDR5)
ストレージ容量 256GB (PCIe M.2 SSD) 512GB (PCIe M.2 SSD)  512GB (PCIe M.2 SSD)
インターフェイス USB3.1 Type-A×2
USB3.1 Gen2 Type-C×1 / 充電ポート
USB Type-C 兼 Thunderbolt 3×1
USB3.1 Type-A×2
USB3.1 Gen2 Type-C×1 / 充電ポート
USB Type-C 兼 Thunderbolt 3×1
USB3.1 Type-A×2
USB3.1 Gen2 Type-C×1 / 充電ポート
USB Type-C 兼 Thunderbolt 3×1
外形寸法 15.3×304.6×210mm 15.3×304.6×210mm 15.3×304.6×210mm
重量 約1.32kg 約1.42kg 約1.48kg

 

 

Blade Stealth 13 Mercury White  

 

 

Blade Stealth 13 Mercury White  

 約1.32kgと13.3インチのゲーミングPCとしては最軽量モデル。主に写真家向けのゲーミングノート

175,800円 (+税)

ドスパラ

 

 

 

内蔵GPUだがかなりの高性能。

 

3モデルの中で唯一の内臓GPUモデルだが、Intelの Iris Plus グラフィックスがかなり優秀だ。当然GTX1650 には及ばないが思ったよりも遊べる印象を受けた。

 

各メディアがこぞってその様子を伝えている。

 

またPhotoshopなどのクリエイティブ用途にはピッタリで、シリーズの中では最軽量ということもあり持ち運びが想定される写真家にもピッタリではないだろうか。

 

とはいえ、ゲーミングノートPCをクリエイティブ用途に積極的に使う方はもともとやはりゲームをするはずだから、もう少しGPUパワーが欲しいところだろう。

 

Blade Stealth 13

 

 

Blade Stealth 13 Mercury White  

 ゲーミングノートPCとしては本命のグレードだ。ゲームにクリエイティブ用途にバリバリ期待に応えてくれるだろう。

209,800円 (+税)

ドスパラ

 

 

 

Blade Stealth 13を買うならこのモデル

 

GTX1650を搭載したBlada Stealth 13はフルHD60Hzをターゲットにしている。ほぼすべてのゲームを通常の設定で遊べるはずだ。

 

ゲームをするには通常設定クラスだが、ことさらクリエイティブ用途となるとGTX1650はかなりの性能だ。

 

MacbookPro13で写真の現像や動画の編集をしている方ならその恩恵にあずかれるだろう。

 

 

Blade Stealth 13 4K

 

 

Blade Stealth 13 4K

 主に動画編集を想定されるが、GTX1650 のおかげでゲームも楽しめるオールインのモバイルゲーミングノートに仕上がっている。

235,800円 (+税)

ボタン

 

 

 

4Kディスプレイ搭載で無敵の実力

 

4Kディスプレイの実力をフルで引き出す4コア8スレッドのIntelCPUとゲームも動画の書き出しもサクサク動くGTX1650のコンビネーションが最強のモバイルワークステーションになるバズ。

 

価格は税込みで24万円と少し高価だがこのクラスでこの価格は実は結構安い。

 

Raezr ブランドでこれほどの高性能がこの価格で手に入るのはお買い得といえよう。

 

まとめ:【2020年春】Razer Blada Stealth 13 まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。ゲーミングノートPCとしてはかなり軽量で高性能なモバイルノートPCだったでしょう。

 

会社でこれをもっていけば一目置かれる存在ですね。

 

個人的には消費電力の問題もあるので、4KディスプレイではなくてフルHDのモデルが丁度よい選択になると思います。

 

\\ シェアお願いします ヨロヽ(∀・´)ゞ━ッス!! //
  • この記事を書いた人

ポテコ

 元アパレルバイヤーの「3児のパパ」作曲、イラスト、写真、キャンプなど多趣味。好きな言葉は「どのみち最後は何とかなる」

-ゲーム
-

© 2020 ”のらくら日記”