Apple iPad

【iPadのキーボード選び】長時間の作業におすすめのキーボード特集

2020年2月12日

ポテコ
Smart Keyboardは軽くて持ち運びに便利なんだけど、長時間の作業は辛いだよな。

持ち運びもできて長時間作業しても疲れにくキーボードってないのかな?

 

今日はそんなお悩みにリーチしたいと思います。

 

この記事の内容

  • 持ち運び運べるコンパクトなメカニカルキーボードを提案します。
  • iPad以外にも接続できるBluetoothキーボードを提案します。
  • バタフライキーボード採用の薄型も提案します。

 

今回は「iPadのキーボード選び」というテーマでご提案させていただきます。

 

私自身iPadを仕事やプライベートで活用しています。普段使っているアイテムなどもご紹介しますが、使っていると様々な悩みと課題が垣間見えます。

 

快適な作業環境が優先か、軽さを求めて持ち運びが優先か、この究極ともいえる選択をあなたはどうしますか?

 

ではご提案させて頂きます。

 

【iPadのキーボード選び】長時間の作業におすすめのキーボード特集

 

 

今回フォーカスしたのは以下の点です。

  1. キーピッチが19㎜
  2. キーストロークは深めで打鍵感がよいもの
  3. 本体サイズはできるだけ小さく軽量なもの
  4. できればメカニカルキーボード
  5. 複数の端末を切り替えながら使えるマルチデバイス対応

 

これらの条件を満たしたいと思います。最後に提案したいのが長時間の作業が快適になるアクセサリーですね。こちらもご紹介いたします。

 

まずはキーボードから。

 

PK Poyal Kludgeの「RK61」ゲーミングキーボード

 

 

最高に癖があるかわいいキーボード玄人でも手こずるじゃじゃ馬っぷりが魅力

 

  • 61キーのコンパクトなキーボード
  • 29㎝x10㎝x3.5㎝しかない
  • 3台のデバイスを切り替えてつかえる
  • 打鍵感は青軸と茶軸が選べる
  • ゲーミングキーボードなので、Nキーロールオーバーがつかえる

[/st-mybox]

 

ポテコ
このキーボードはわたくしが使っているものです。

 

3台の端末を切り替えながら使えるので、重宝しています。

  • iPad
  • iPhone
  • 自作PC

 

PCで作業しながら、iPadでTwitterをiPhoneではLINEをします。

 

もちろんPCゲームでも使用しています。詳しいレヴューは別記事で書いていますのでよかったら見ていってください。

 

レビュー記事
HHKBのProfessional HYBRIDもビックリ!なんと61キーの「PK61」は驚異のコンパクトさで最高に癖のあるかわいいやつだった。

続きを見る

 

ここからどうぞ!

 

 

PFU HHKB Professional HYBRID Type-S

 

 

 

高速入力に最適なチャタリングのない静電容量無接点方式の何とも言えない打鍵感が魅力

 

  • 高速タイピングしても全然うるさくない打鍵音
  • あまりに快適すぎでこれじゃないとタイピングしたくなくなる中毒性あり
  • プログラマーが理想とするキー配列だがそれ以外の人もトリコにする配列
  • 294㎜x120㎜x40㎜とかなりコンパクト
  • 4台を切り替えて使える
  • 傾きを調節できる
  • 単三電池なので、バッテリーレスで長期間安心して使える
  • 日本語配列もある

 

iPadはサードパーティー製のキーボードは何故か英字配列になってしまうため、英字配列を提案したが日本語配列のものでも基本的には使用は可能だ。あまりに高価なキーボードのためiPadにはオーバースペックと思われがちだが、生産性がかなり高いのでプログラマーやライターなどまさに長時間使う方におすすめ。

 

文字を打ち込むことに特化した、まさに理想のキーボードなのだ

 

 

 

METIS メカニカルキーボード 71キー

 

 

 

矢印キーあるコンパクトなキーボード

 

  • 矢印キーがちゃんとある。
  • 3つのデバイスを切り替えて使える
  • 青軸なので快適な打鍵感
  • 防水

 

上記の2つは矢印キーがなく、Fnキーを押しながら使うスタイルだが、これはちゃんと矢印キーがある。61キーのものもあるがこちらがおすすめ。

 

 

 

ここまでがメカニカルキーボードです。決して重くはないし持ち運べるのだが、いかんせん分厚い。そこで次にご提案するのは横幅はメカニカルキーボードと同等なのだが厚みがないモデルだ。

 

主にパンダクラフ式を採用していてミスタイプの少ないモデルのみご紹介いたいます。

 

iClever Bluetooth キーボード IC-BK13

 

 

約300gの超軽量キーボード。軽くてもしっかりとしたキーピッチで長時間つかえるキーボードになっている。

 

  • 薄くて軽い
  • キーが丸くておしゃれ
  • ちゃんとキーピッチが19㎜ある
  • 3つのデバイスを切り替えて使える

 

見た目がおしゃれなので持ち歩きたくなるキーボード、キーストロークは深くはないが、パンダグラフ方式の為ミスタイプが少なく快適につかえる。

 

 

 

iClever Bluetooth キーボード IC-BK21

 

 

 

おしゃれなiPadにぴったりなデザインが目を引くキーボード

 

  •  見た目がiPadにぴったり
  • 3台のデバイスを切り替えながら使える
  • MacやPCにも快適に使えるので、使いまわしがよい
  • 軽い330gしかない

 

2020年春に発売された比較的新しいモデル。PCやMacと併用して使うのに良い。ノートパソコン風打鍵感なので、カフェや職場で迷惑をかけない。

 

 

 

【iPadのキーボード選び】長時間の作業におすすめのキーボード特集:アクセサリー編

 

 

 

写真はRazerのキーボードに付いてくるパームレフトだが、これがあるとないとでは大違いある。

 

長時間の作業に欠かせない存在だ。メカニカルキーボードでは高さが出てしまうため、パームレフトがあると押し下げるイメージでとても打鍵がしやすい。

 

今回は2つ紹介したい。一つ目は少し厚めのものと、2つ目は非常に出来が良いものと、それぞれ良いところがあるのでぜひ見て欲しい。

 

Grifiti 厚型 リストパッド 12インチ

 

 

軽量でコスパに優れているパームレフト

 

  • コンパクトなキーボードに最適にサイズ
  • 厚みがあるので、メカニカルキーボードの高さにピッタリ

 

 

 

エレコム リストレスト MOH-FTPBK

 

 

最高の質感と疲労軽減が快適な作業時間を保証してくれる最高の相棒

 

文字でこの子の良さを説明するのは、かなり難しい本革の車のシートのような触り心地でありながら弾力性がある。とても気持ちの良い

 

 

 

まとめ:【iPadのキーボード選び】長時間の作業におすすめのキーボード特集

 

 

 

カフェで自宅でOfficeでどこでも持っていけるiPadと比較的どこでも持っていけるキーボードで快適に長時間作業しましょう。

 

お気に入りのキーボードとパームレフトで快適iPadライフが待っていますよ。

 

Amazon Apple Store

MacbookやiPadはAmazonで買うとお買い得!Apple製品をお得に買う方法!まとめ

続きを見る

iPadアクセサリー

iPad 10.2 を買ったらまず買いたいおすすめの「アクセサリー」

続きを見る

この記事も読まれてます

-Apple, iPad
-,

Copyright© ”のらくら日記” , 2020 All Rights Reserved.