エンターテイメント ゲーム

ゲーミングPCは普段使いでも問題ない?その疑問に3つの視点から答えます

悩んでる人

パソコンでゲームを始めたいのですが、ゲーミングPCはゲームしかできないのですか?ゲーミングPCはとても高価なので普段使いでも問題ないのでしょうか?教えてください。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・ゲーミングPCと普段使いをするPCの違いを3つに絞って解説

・普段使いも快適に使えるおすすめのゲーミングPCを3つ紹介

 

記事の信頼性

この記事を書いている「ポテコ」さんは、自分で組み上げたゲーミングPCを使って仕事をしています。

もちろんオンラインゲームも多数プレイするゲーマーでもあります。

 

ゲーミングPCは普段使いでも大丈夫ですよ。

 

普通のパソコンにゲームができる性能をプラスしたパソコンがゲーミングPCであり、ゲームしかできないパソコンが「ゲーミングPC」ではありません。

 

ゲーミングPCというのは名称の事で実際は普段使いのパソコンと使われているパーツはそこまで違いがありません。ではどこが大きく違うのでしょうか?

 

答えの1つは、性能が高いグラフィックボードが搭載されているということです。

 

 

ゲーミングPCと普段使いをするPCの違いを3つに絞って解説

ゲーミングPCと普段使いをするPCの違いを3つに絞って解説していきます。

 

3つの違いを一つずつ解説して、実際にポテコさんがゲーミングPCを選ぶ際のポイントも紹介していきます。

 

ゲーミングPCと普段使いをするPCの違い

その①:グラフィックボードが高性能

その②:冷却性能が高い

その③:消費電力が高い

 

その①:グラフィックボードが高性能

 

ゲーミングPCに置いてもっとも大切なパーツの1つはグラフィックボードです。

 

なぜなら「実際にゲームを動作させているのはグラフィックボードだから」、プレイしたいタイトルに応じたグラフィックボード選びがゲーミングPCを購入する上でもっとも大切なことなんですね。

そのため、グラフィックボード選びで大切なのは、

  1. プレイしたいタイトルがどれほどの性能があれば快適に遊べるのかを把握すること
  2. プレイしたいタイトルはMMORPGなのかFPSなのかを知ること

この2つを調べる必要があります。

 

上記の注意点としては、プレイしたいタイトルはできるだけジャンルで絞る方がよいでしょう。

 

理由は、選ぶタイトルによってディスプレイにもとめられるグラフィックボードの性能が異なってくるためです。


例えば、フォートナイトやPUPGなどのFPSゲームはフレームレートがとても大切ですが、ファイナルファンタジーなどのMMORPGは2Kや4Kなど解像度が大切になります。

参考

タイトルによって選ぶべきディスプレイとグラフィックボードはまた別記事で説明させていただきます。

 

よくある質問:すべてのタイトルに最適なディスプレイはないの?

結論、残念ながらすべてを網羅したようなディスプレイは非常に少なくしかもかなり高額です。また高いグラフィックボードの性能を求められるため、とてもお金がかかります。

 

よって、プレイするタイトルのジャンルは絞る方がよいでしゅう。

 

とはいえFPSゲームとMMORPGのどちらもプレイしたいですよね。その場合どちらを優先するべきでしょうか?

 

答えはFPS優先で問題ありません

 

理由は簡単で、MMORPGは高いフレームレートが必要ではないからです。せいぜい60フレームでれば快適にプレイできますから。そのため、高いフレームレートが出るディスプレイを購入することを優先すればよいのです。

 

参考

おすすめのゲーミングディスプレイはこれです。下にも貼っておきますので、あとで見に行って見てください。

 

その②:冷却性能が高い

ゲーミングPCは高い性能を常に引き出し続けています。

 

フォートナイトやApex Legendsなどの人気タイトルをプレイするとあまりの没入感に時間を忘れて長時間プレイしてしまいます。

 

そのため、適切に冷やしてあげないとパソコンがとても高温になり本来の性能が引き出せなくなります。最悪の場合パソコンの寿命が短くなって故障の原因になるのです。

 

そのためゲーミングPCは高い冷却性能が必要になるのです。

 

よくある質問:どれくらい冷やしてあげれば問題ないの?

 

各パーツが60℃~80℃以内に収まっていれば大丈夫でしょう。

  • :CPU
  • :メモリ
  • :M.2またはSSD
  • :GPU(グラフィックボード)

 

上記の中でCPUはとくに気をつけましょう。できれば60℃以内におさめたいですね。なぜCPUの温度に気をつけなければいけないのでしょうか。

 

答えは、グラフィックボードの性能を引き出すのにCPUが使われているから。

 

そのため、CPUの性能がグラフィックボードの性能を引き出す大きな役割を果たしています。よりよいゲーム体験にはCPUはとっても大切なパーツなんですね。CPUを冷やすには、CPUグリスとCPUクーラーをよいものにすれば解決します。

 

参考

CPUグリスとCPUクーラーについてはまた別記事で説明させていただきますね。

 

その③:消費電力が高い

よりよいゲーム体験には高い性能のグラフィックボードや高い性能のCPUが必要なことがわかりました。

 

普段使いのパソコンに比べても長時間、高い性能を出させ続けるわけですから当然消費電力は高くなります。冷やすために、ファンの数も多くなります。

 

ゲームを格納する倉庫の役割であるSSDやM.2も続けていくうちに必然と増えていきます。大きなタイトルですと80GBは余裕で超えてくるので、それだけ大きな容量が必要となっています。


当然、繋げるものが多くなると必然的に消費電量力も高くなりますからね。

 

よくある質問:電気代って高くなるのですか?


はい!高くなります。おおよそ3倍程度となり1日あたり3時間プレイしたとしておおよそ1200円程度になります。ハイエンドPCになると2000円を超えない程度です。

 

  • 消費電力×単価=電気代

 

上記が電気代の式になります。消費電力は選ぶパーツごとに違いますが、おおよそ平均で先程の数値になると思います。

 

初心者におすすめのゲーミングPCの選び方3つ

最後に、初心者におすすめのゲーミングPCを紹介にして終わりにします。

 

どれを選んでも快適にプレイできますが、せっかくゲーミングPCを買うのです。パソコンでないと体感できない没入感のあるものが良いでしょう。

 

おすすめのゲーミングPCを3つ

その①:GTX 1660 Superを搭載したもの

その②:GTX 1650を搭載したもの

その③:RTX 2070を搭載したもの

 

その①:GTX 1660 Superを搭載したゲーミングPC

GALLERIA XT ガレリア XT Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版

 

FPSゲームでは、リフレッシュレート144Hzを中間設定で貼り付きで出せます。

 

普段PS4などで遊んでいるプレイヤーならマシンの性能でいきなりキル数が上がるでしょう。マインクラフトの同梱版が選べるちょっとお得なモデルです。

 

ポイント

とても美しいグラフィックも楽しめるので毎日ログインするのが楽しみになるモデルです。ここから

 

その②:GTX1650を搭載したゲーミングPC

GALLERIA RH5 ガレリア RH5

 

FPSゲームで、リフレッシュレート90Hzを中間設定で貼り付きで出せます。

 

GTX 1660 Superに比べてコスパが良いのでちょっと高いなっと感じた方におすすめです。

 

PS4などと比べるとそこまでゲーム体験は変わりませんが、ロード時間は劇的によくなるのでテンポよくプレイできると思います。ここからどうぞ。

 

その③:RTX2070を搭載したゲーミングPC

GALLERIA XF ガレリア XF 基本モデル

 

FPSゲームで、リフレッシュレート240Hzを中間設定である程度でます。

モンスターハンターなどのタイトルに有効なDSLLという機能が使えるためMMORPGですばらしくきれいなグラフィックの世界に没頭できます。

 

これほどの性能であれば5年は買い換えなくてもある程度第一線で戦えるので、長い目でみると逆にコストは安くなります。

 

わたくしが買うならこのモデル ここからどうぞ

 

まとめ:ゲーミングPCは普段使いに快適につかえます。

今回は「ゲーミングPCは普段使いでも問題ない」理由をご紹介してきました。

 

内容をまとめると以下です。

ゲーミングPCと普段使いをするPCの違い

その①:グラフィックボードが高性能

その②:冷却性能が高い

その③:消費電力が高い

 

ゲーミングPCは安くても10万円くらいからと少し高価ですが、一度買ってしまうと長持ちします。ゲームを快適に動かせる性能というのはとてもハイスペックですから。

 

クリエイティブ用途にもかなり快適に使えます。

この記事も読まれてます

-エンターテイメント, ゲーム
-,

Copyright© ”のらくら日記” , 2020 All Rights Reserved.